バイタルなび
豆知識:中国足心道
中国足心道とは
中国足心道は、足裏の神経を刺激することによって、体内の様々な器官が反応し、血液やリンパの流れをスムーズにし、人間が本来持っている自然治癒力を高める民間療法です。
足を刺激する点では、足つぼ(ツボ)やリフレクソロジーと同じですが、中国足心道はリフレクソロジー同様に足の反射区を、足つぼ(ツボ)は足のツボ(伝統的な経絡理論による)を刺激します。

しかし、中国足心道と足つぼ(ツボ)やリフレクソロジーが混同され同じ意味で使われている場合もあります。

中国足心道は足つぼ(ツボ)より、リフレクソロジーに類似したセラピーと考えられます。

中国足心道の歴史
2000年以上前の中国「黄帝内経(こうていだいけい)」という中国医学最古の文献に記された"観趾法"と呼ばれる治療法の記述が発見されており、現在の中国足心道に原型になっていると考えられています。

後に、1913年米国人医師であるウィリアム・フィッツジェラルド博士が、西洋医学の観点から「観趾法」を研究し、リフレクソロジーを開発したとの説も有りますが、真実はよく分っていないようです。

中国足心道はこのような方におススメ
・冷え症の方
・脚(足)がむくみやすい方
・体調不良の原因を知りたい方
・便秘の方
・立ち仕事の方
・時間のない方
・脱衣が面倒な方...など

関連メニュー
足つぼ(ツボ) アロマテラピー(トリートメント) 台湾式マッサージ 推拿(すいな) クイックマッサージ  フットケア ハンドマッサージ リンパマッサージ(リンパドレナージュ)

このページを友達に送る

△このページのトップ
トップページ

ご利用方法
ご利用規約
お問い合わせ
運営会社

(C)Moasis, Inc.