バイタルなび
豆知識:指圧
指圧とは
指圧は奈良時代に中国から日本に伝えられたあんま術に、明治時代にアメリカから伝えられ、カイロプラクティックやオステオパシーなどの技法を取り入れた手技療法です。現在で按摩と指圧など他の技法をミックスして施術する治療院が増えています。
指圧は現在国家資格となっており、国家資格保有者に施術を受けた場合には、医療控除の対象になります。

指圧はこんな方にオススメ
一般的には、次のような疾患を、按摩・指圧・マッサージの適応としています。
慢性の筋・関節リウマチ、捻挫、打撲、挫傷、筋の萎縮・浮腫、末梢神経麻痺後の筋の栄養・循環障害、瘢痕と癒着、変形の矯正、関節炎、抹消血管不全、神経痛、線維組織炎、疲労、便秘など。

指圧の歴史
指圧は日本で発展した手技療法で、明治時代の治療家達により、按摩術を基に、アメリカから輸入されたカイロプラクティックやオステオパシーなどを取り入れ生み出された技法です。指圧の成立年代や創始者について異説はあるものの、指圧を確立したのは、浪越徳冶郎氏と増永静人氏です。 浪越氏はマリリン・モンローを指圧した事で、全世界に指圧(SHIATSU)を普及させ、テレビ出演により、知名度を向上に貢献しました。「指圧の心は母心、押せば命の泉わく」 のキャッチフレーズをご存知の方もいらっしゃるでしょう。浪越氏が設立した日本指圧専門学校の第一期卒業生であった増永氏は、東洋医学の経絡の考え方を指圧に取り入れ、経絡指圧を確立しました。経絡指圧は海外で禅指圧(ZEN-SHIATSU)として知られています。
昭和22年に「医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許 又はきゅう師免許を受けなければならない」と規定され、按摩師と指圧師は、厚生大臣が認定する国家資格になりました。

指圧の技術
指圧は、衣服の上から神経や筋肉に作用させるという点では「按摩」と同じですが、「指圧」はその名の通り、「押す」ことに特徴があります。また、「浪越指圧」と「増永指圧」では、指圧するポイントと、指圧方法が異なります。ポイントという点では「浪越指圧」では解剖生理学の反射区を、「増永指圧」では気の流れる道(経絡)のツボ(経穴)を指圧します。方法という点では、「浪越指圧」は親指や手のひらで指圧しますが、「増永指圧」では、親指や手のひらに加え、膝や肘を使い指圧します。膝や肘を使う理由は、指より面積の広い部分で圧力を掛けることにより、患者への負担を軽減しようとの意図があります。

このページを友達に送る

△このページのトップ
トップページ

ご利用方法
ご利用規約
お問い合わせ
運営会社

(C)Moasis, Inc.