バイタルなび
豆知識:フィットネス
フィットネスとは
フィットネスは健康の維持、増進を目的とした運動のことです。
一般的に「フィットネス」の目的は 体脂肪率、心肺機能、筋力・筋持久力、柔軟性など健康に関連する体力を適正に保つ、あるいは高めることにあります。

運動の少ない生活は心身の状態を悪くし病気を発生しやすくします。逆に適度な運動は心身を良好な状態に保ちます。身体活動量が不足すると心臓疾患、高血圧、動脈硬化、自律神経不安定症候群などがおきやすくなるが、定期的な運動によりこれを防ぐことができるといわれています。

生活習慣病による死亡が増加し、高齢化社会や国民医療費の増加が社会問題となっている今日、運動すなわちフィットネスによる健康の回復、維持、増進は個々人にとっても社会にとっても重要です。統計によれば運動によるリスクはきわめて低く、健康に対する効果と考え合わせると、定期的な運動は健康によいと言えます。

フィットネスの効果
フィットネスの効果で注目されるのは、有酸素運動の効果です。
定期的に持久性のトレーニングを行うことは心肺機能の改善、冠動脈疾患の危険性の減少、慢性疾患の発症率低下につながります。さらに精神面にも、不安感や抑うつ感を軽減する作用があります。

加えて近年では、高齢者のためのフィットネスも注目されています。筋力トレーニングによる筋力・筋持久力の維持が転倒事故防止に、ストレッチなどの柔軟性トレーニングは筋肉の柔軟性を高め関節の可動域を広げ、障害防止になるなどの効果が認められるためです。

フィットネスの方法
フィットネスには決まった形はありません。自宅近くでウォーキングを行う、スイミングプールで泳いだり水中ウォーキングを行う、スポーツクラブでエアロビクスダンスを行う、自宅でヨガを行うなど様々な活動がフィットネスと言えます。

専門のインストラクター資格を持った指導員のいる、スポーツクラブにてメニューを作ってもらい、アドバイスを受けることもひとつの方法です。自分なりの方法で運動するより、安全かつ効果的にフィットネスを行うことができます。

公営のスポーツ施設や民間のスポーツクラブなどフィットネスのための施設では、筋肉トレーニング、水泳、エアロビクスダンス、ランニング、ウォーキング等の一般的な運動から、各種のヨガ、ボクシング(ボクササイズ)、ダンスまで、さまざまな運動メニューが用意されています。

フィットネスにおける注意点
運動による健康維持は一般的にはリスクが少ないとはいえ、中には運動を控えるべきケースもあります。胸の痛みやめまい、失神といった心血管疾患や肺疾患の徴候・症状の有無、年齢的に激しい運動が可能であるか、注意する必要があります。他にも高血圧、高コレステロール血症、心血管疾患、肺疾患、代謝性疾患の疑いはないか、事前に確認するとよいでしょう。民間のスポーツクラブでは上記のような注意点について質問票などで確認したりします。

このページを友達に送る

△このページのトップ
トップページ

ご利用方法
ご利用規約
お問い合わせ
運営会社

(C)Moasis, Inc.