バイタルなび
豆知識:フラワーセラピー
フラワーセラピーとは
フラワーセラピーは、その名の通り、花(フラワー)を使用した療法です。
古代から花には心を癒す力があると言われており、自然療法や代替療法として取り入れられることが多いようです。

フラワーセラピーの種類として下記などがあります。

◆フラワーアレンジメント:
創作することによって心の癒しを図るアートセラピー(芸術療法) です。
フラワーアレンジメントセラピーには3つの側面があります。

 ・花に癒される、花のエネルギーをもらうといったフラワーセラピー(花卉療法)としての面
 ・アレンジメントの中で自由に自己表現をするアートセラピー(芸術療法)としての面
 ・作品の色や形などを分析し自分を知り自分と向き合うサイコセラピー(心理療法)としての面

>
アレンジメントに使う花には生花、プリザーブドフラワー、ワイルドフラワーなどがあり、どの素材を使用するかは
セラピストによって異なります。クライアントが何を求めるかによってもどの手法が適しているかは変わってきます。
実際の花に触れることにより、創作のみならず、香りによる癒しも期待できます。

 生花:
 季節が限定され、長持ちはしませんが、それだけに自然の香りや生命力を感じることができます。

 プリザーブドフラワー:
 保存加工が施され、季節を問わず花を選べ、色や形の劣化が少なく長く作品として飾っておけるのが魅力です。

 ワイルドフラワー:
 オーストラリアの先住民アボリジニーが数千年前からブッシュメディスン(薬草)として使用してきた花です。
このワイルドフラワーは、それぞれの花にヒーリングメッセージがあり、そしてアロマ効果もあるといわれている癒しの花です。

◆フラワーアレンジメントセラピー:
オーストラリアワイルドフラワーをプリザーブド加工したものを使用し、自分の心を表現していくことで、心の癒しをはかる療法です。

◆フラワーエッセンス(フラワーレメディ):
花のエキスを抽出したフラワーエッセンス(フラワーレメディ)を使用する療法です。

◆フラワーカードリーディング:
クライアント自信が選んだカードのメッセージを読み解いたり、クライアントに必要なフラワーエッセンス(フラワーレメディ)を選ぶ手段としても使用されます。

フラワーセラピーはこのような方におススメ
・自分で創ることが好きな方
・花が好きな方
・心にゆとりを持ちたい方
・深層心理を知りたい方
・自分の現状・可能性・無意識の部分に気づきたい方
・趣味を探している方

関連メニュー
アートセラピー(芸術療法) サイコセラピー(心理療法) フラワーエッセンス(フラワーレメディ) アロマテラピー(メンタルケア) フラワーアレンジメントセラピー カードリーディング カウンセリング エネルギーワーク

サービス・料金
フラワーアレンジメント:使用する素材によって異なります。
フラワーアレンジメントセラピー:約4,000円〜。
フラワーエッセンス(フラワーレメディ)、フラワーカードリーディング:コンサルテーション 60分 6,000円〜等。
エッセンス購入:約2,000円程度(種類によって異なります。)

実際に花に触れたり、見たり、香りを楽しむことによって、心がなごみます。
フラワーアレンジメントやフラワーアレンジメントセラピーなどは、お試し体験などを用意しているところも多いので、まずは体験から始めてみましょう。
最近では男性でも気軽に受けられるサロン、スクールも増えています。

このページを友達に送る

△このページのトップ
トップページ

ご利用方法
ご利用規約
お問い合わせ
運営会社

(C)Moasis, Inc.