バイタルなび
豆知識:アロマテラピー(メンタルケア)
アロマテラピー(メンタルケア) とは
アロマテラピーは、植物由来の精油(エッセンシャルオイル)を用いて、リラクセーションやストレスケア そして美容や健康維持、疲労回復などを目的として行う健康法です。

バイタルナビでは、メンタルケアを目的に、精油(エッセンシャルオイル)の香り用いるセラピーのことをアロマテラピー(メンタルケア)としました。ボディートリートメントに重点をおいたセラピーは、アロマテラピー(トリートメント)としました。

アロマテラピー(メンタルケア) はこんな方にオススメ
エッセンシャルオイルの成分により、新陳代謝を促し、リラクゼーション効果、ストレスの緩和効果があると考えられています。

代表的なエッセンシャルオイルとその効果
レモン・・・解毒、免疫系と肝臓への刺激
ベチバー・・・ホルモンの調節、腺と神経系への刺激
ローズマリー・・・鎮痛、筋緊張の緩和
ペパーミント・・・鎮痛、健胃、消炎
カモミール・・・鎮静、緩下、抗アレルギー
ユーカリ・・・感染症による症状の緩和
ローズ・・・女性ホルモンの調整
ラべンダー・・・鎮静、緩下、血圧低下

※日本では、民間療法として位置づけられています。

アロマテラピーの歴史
アロマテラピーとは、「アロマ(aroma)=芳香」、「テラピー(therapy)=治療」の意味で、植物の持つ芳香成分を利用した健康法のことです。そのルーツは紀元前3000年のエジプトに遡る事が出来ます。古代エジプトでは香りを楽しむだけでなく、ミイラの防腐剤、医療行為、香水として使用されていました。また、紀元前400年古代ローマにおいても、芳香療法は医療として用いられていました。医師・ディオスコリデスはその著書「マテリア・メディカ(薬物誌)」にて、600種類もの植物を取り上げその効果を検証しています。11世紀にはエッセンシャルオイル(精油)の代表的な抽出方法である水蒸気蒸留法が確立され、17世紀ヨーロッパでペストが大流行した際には消毒にエッセンシャルオイルが使用され、民間療法として広まっていきました。19世紀に入ると西洋医学の発展により、アロマテラピーは衰退していきます。しかし、20世紀になると、フランスでは、ジャン・バルネやルネ・モーリス・ガットフォセらにより主に精油の薬理作用に関する研究がなされ、またイギリスでは、マルグリット・モーリーやロバートティスランドにより、こころとからだのバランスをはかるホリスティック(=包括的)医療としての研究がなされ、アロマテラピーは学術的に発展をとげていきます。「アロマテラピー(芳香療法)」という言葉が広まったのもこの頃です。
以後、フランスではメディカルアロマテラピーが、イギリスでは主に美容、リラクセーション、補助療法として、評価を得てきました。

アロマテラピー(メンタルケア) の技法
アロマテラピー(メンタルケア)の技法は、いくつかありまます。アロマテラピー(トリートメント)の技法同様に、直接肌につけてトリートメントしたり、塗るだけの方法。
また、湯気が立っているお湯にオイルを2,3滴落として、その蒸気を吸い込む方法、噴霧器や加熱器を使って、オイルを含んだ蒸気を部屋中に撒き散らす方法などです。

※アロマテラピーのエッセンシャルオイルは、非常に濃縮されたのものなので、絶対に口から体内には取り入れないで下さい。

関連メニュー
アロマテラピー(トリートメント) フィトセラピー(植物療法) ハーバルセラピー(ハーブ療法)  カウンセリング カードリーディング

サービス・料金
トリートメントに取り入れられていることが多く、症状にあった精油を使用することでメンタル面もケアします。アロマレッスンを行っているお店も多数あります。
また、日常に使用するとよい精油を選んでくれたり、オリジナルの香水などを作ってくれる所もあります。さらに占いやカードリーディングによりそれぞれに対応する精油を選ぶサービスを行っているところもあります。

このページを友達に送る

△このページのトップ
トップページ

ご利用方法
ご利用規約
お問い合わせ
運営会社

(C)Moasis, Inc.