出張専門「安江ソフト整体」
コラム詳細
雑念を捨て意識を集中させる瞑想のやり方と効果

最初に、数秒、瞑想することを意識し、次に、姿勢を正す意識を強くしないようにして、背骨をリラックスさせます。続いて、舌を前歯の後ろの上アゴに触れるようにし、歯は噛み合わせないようにし、まぶたをゆっくり閉じます。ゆっくり呼吸を繰り返し、さらに、ゆっくり顔全体に、内側から微笑みを広げていく(インナースマイル)ような感じにします。深く静かに呼吸の数を数え、呼吸を意識的に観察していると、環境に自分を委ねる感じになります。
座って深く静かに呼吸の数を数え、呼吸を意識的に観察していると、雑念を捨てて無の境地のようになります。そして、自分の内面などに意識を集中させ、ありのままの自分を見つめることで、真の強さを身につけることが可能となり、不安・ストレスの解消、痛み、しびれの緩和を図る、血圧を下げるなどの効果が期待できます。
瞑想を習慣化することで、前向き脳が作られて、心が平穏になり、記憶力・集中力や問題解決能力なども高まります。さらには、人格の向上、人間関係の向上なども期待できます。
なお、お経(マントラ)を唱えている時は、呼吸やエネルギーがチャージされ、瞑想と同様の効果があるそうです。

このページを友達に送る

△このページのトップ
お店トップ
バイタルなびトップ

メニュー
お店詳細情報
お得情報
インフォメーション
お店からのメッセージ
お店の特徴
スタッフ
こだわり
ご利用になる前に
コラム

(C)Moasis, Inc.