出張専門「安江ソフト整体」
コラム詳細
継続的なラジオ体操で怪我の予防

ラジオ体操は、人体のほとんどすべての筋肉と関節を動かすように構成されているので、柔軟性が高まります。また、血液循環が盛んになるので、新陳代謝が活発になり疲労回復にも役立ちます。
ラジオ体操は「日常生活ではほとんど行われない体の動き」を多く含んでいます。毎日ラジオ体操を続けていると、規則正しい生活習慣が持続されるので、運動の計画、組立を行う脳の部分を司る「運動領野」にいろいろな動きが蓄積されて、不意の事態でも体をとっさにコントロールできるようになり、ちょっとした段差や石ころで、転んでしまうというようなことが起きにくくなります。
ラジオ体操は体幹(胴体)を大きく使うので、胴体の力が手足に連動して動くようになり、いつも肩の力が抜けた状態のなるので、身体が疲れにくくなります。また、背中を伸ばしたり、内臓をほどよく刺激します。
朝のラジオ体操1回(10分)で、1日に必要な運動量の1/3をこなせるそうです。
簡単に長く続けられ、適度な運動効果があるので、特にお年寄りの方の怪我の予防などに、お勧めします。

このページを友達に送る

△このページのトップ
お店トップ
バイタルなびトップ

メニュー
お店詳細情報
お得情報
インフォメーション
お店からのメッセージ
お店の特徴
スタッフ
こだわり
ご利用になる前に
コラム

(C)Moasis, Inc.