出張専門「安江ソフト整体」
コラム詳細
副交感神経を優位にし心身をリラックスする自律訓練法

自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスが続いたりして交感神経優位になると、心身が疲れてしまいます。
自律訓練法は、自律神経のバランスを整えて、交感神経の活動を抑え副交感神経優位にし、心身をリラックスした状態にします。

音や光の刺激が少ない場所などで、ベルト、眼鏡、腕時計などは外し、いすに座ったり、あおむけに寝た状態で行います。
まず、脱力して目を閉じ、深呼吸を数回し、気持ちを落ち着けます。

@両腕・両脚が重いと念じます。
A両腕・両脚が温かいと念じます。
B心臓が規則正しく打っていることを感じます。
C楽に呼吸していることを感じます。
Dおなかの辺りが温かいことを感じます。
E額が心地よく涼しいことを感じます。

*消去動作:目を開けて、胸の前で握りこぶしをつくり、腕を伸ばし手を広げ、これを何度か繰り返します。

このページを友達に送る

△このページのトップ
お店トップ
バイタルなびトップ

メニュー
お店詳細情報
お得情報
インフォメーション
お店からのメッセージ
お店の特徴
スタッフ
こだわり
ご利用になる前に
コラム

(C)Moasis, Inc.