ホリスティックビューティ 鈴の音(suzunone)
コラム詳細
たけしの「にっぽんのミカタ」 「冬こそキレイになれ

わたしも知りませんでしたが、「冬バテ」。寒さによる血流の滞り、室内屋外などの気温差から自律神経の機能が低下、等からおこる、夏バテのような体調不良のこと。

 <<冬バテ危険度チェック>> 

@ 爪が割れやすい  ・・・ 指先が冷えて血の巡りが悪くなっている(爪がかける、変形等)

A 体がむくみやすい ・・・ 血管が圧迫され血の巡りが悪くなり、冷えをもらたす可能性がある

B 寝相がよい     ・・・ 寒いので寝返りをうっても戻ってします。

C 汗をかきにくい   ・・・ 代謝が低下し体温が下がっているため体が冷えやすい。

D 耳を折ると痛い   ・・・ 血行不良による冷えが原因。意欲の低下などをもたらす可能性がある

この中で1つでも当てはまる場合は冬バテ。冷えには注意です。


■“温活”で美しくなる■

「温活」とは、冷え対策を実行し、基礎代謝をあげることです。

テレビでやっていた温活のポイントをご紹介

@ 朝は体温が低いので、朝一番は体を温めること。テレビでは「しょうが紅茶」、朝起きてすぐに飲んでました。

A しょうが紅茶を飲んだあと、朝の運動。



四つん這いになって左右違う手と足をあげて、5秒キープ。それを10セット行います。背中の筋肉を動かすとイイ見たいです。

B 塩カイロ。塩をサラサラになるまでフライパンで中火で炒り、使いふるしたタオルで包み輪ゴムで縛る
朝食中、ふとももの上に置くだけ。足の付け根のリンパを温めると効果的。

C クッキングペーパーを腕に巻く。二の腕は冷えやすいので、出かける時など、クッキングペーパーを二つに折り、腕に巻いてセロテープでとめる。クッキングペーパーは保温力があり 汗を吸い取ってくれる。

D お風呂の前に自分の体の冷えやすい所をドライヤーで温める。
温めるとお風呂で汗が出やすく、代謝が上がる。お腹や首筋など。


ご紹介してくれた方は美魔女コンテストにも出た方で、同じ40代とは思えないとてもキレイな方でした。数年前は基礎体温が低かったようですが、今は36度5分にまで上がったそうです。毎日の努力ですね。

このページを友達に送る

△このページのトップ
サロントップ
バイタルなびトップ

メニュー
サロン詳細情報
お得情報
インフォメーション
サロンからのメッセージ
サロンの特徴
スタッフ
施設
クチコミ
こだわり
ご利用になる前に
コラム

(C)Moasis, Inc.