クロイワ鍼灸治療室
コラム詳細
一昨日のジストニア患者二人

一昨日(4/4)、二人のジストニアの患者が来室。 一人は男子大学生の書痙(手のジストニア)。3回の治療で大幅改善。 手を紙面より離しての書字がゆっくりながら出来るようになる。劇的な効果だ。当初(3週間前)の書字は片手では無理で、両手で手の震えを抑えながら必死に書字していた。週一治療で、もう数回で終了できるだろう。
もう一人は、頸のジストニアの30代の男性。この方も頸の側方への曲がりと回旋がほとんどなくなり、正面向いて話ができるようになっているが、週一治療でで5カ月くらいかかっている。今月になり急に改善が進むが、もう少し治療を要するだろう。並行して太極拳をはじめられている。 上記の二人の治療、何故か座位での治療で効果が大幅改善しているようだ。随意運動・不随意運動が地球重力と関係があるのかも・・・。

このページを友達に送る

△このページのトップ
治療院トップ
バイタルなびトップ

メニュー
治療院詳細情報
お得情報
インフォメーション
治療院からのメッセージ
治療院の特徴
スタッフ
施設
こだわり
ご利用になる前に
コラム

(C)Moasis, Inc.